「火星では塩水が流れてる」NASA発表!生命体がいる可能性出てきた

印刷

   きょう29日未明(2015年9月)、アメリカのNASAが緊急会見を開き、火星に水があることがわかったと発表した。以前から火星の春と夏ころに斜面に水が流れたような筋が見られ、冬になると消えることから、水が流れているのではないかと指摘されていた。

   NASAが最新技術で調べたところ、その筋から塩の結晶のような物質が見つかり、塩水が流れている可能性が高いと判断したという。

水と塩があれば・・・

生命いる!

   千葉工業大学惑星探査研究センター・和田浩二上席研究員は「水は生命の発生や生活に必要な条件と思われているので、もしかしたら現在も生命が火星の表面、あるいは地下にいる可能性を開いたということです」と解説する。

   笠井信輔ニュースキャスター「火星に水があるということは、(生命が)いるも同然なんですよ!」

   「とくダネ!」はつい先日、火星の写真にカニのような物体が写っていたという話を取り上げていて、「水があって、カニがいるとしたら、魚もいる。魚がいれば、それを釣る人がいてもおかしくない」(司会の小倉智昭)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中