黒柳徹子ホントにぼけた!「私の番組なくなっちゃったの。私の部屋どこ?」一瞬心配になった迫真ジョーク
<30年目突入!史上初の10時間SP MUSIC STATION ウルトラFES>(テレビ朝日系)

印刷

   番組30年目突入を記念し、61組の豪華アーティストたちが出演する10時間の生放送ときた。「お昼の生放送はおまかせ。1時間しか持ちませんが」というタモリのジョークからスタートした。
   幕開けは近藤真彦。父兄参観のように黒柳徹子がついてきた。「『徹子の部屋』がどこにもないの。私の部屋どこに行ったの」と、通常、この時間放送しているはずの「徹子の部屋」がないと冗談を言っているようなのだが、本当にボケたかと思った。
   お次は工藤静香&森高千里のママさんシンガーで、仲良しをアピールしていたが、静香の親友はのりピーじゃなかったっけ?。森高もフジテレビの「水曜歌謡祭」ではあんなに出し惜しみしていたのに、こちらでは「私がオバさんになっても」をご機嫌で披露する。続いてはジャニーズWEST~A.B.C‐Z~Sexy Zone~Hey!Say!JUMPと、ジャニーズの年功序列がわかるジャニーズメドレーである。ほかにもボーカロイド初音ミクとタモリとのかみ合わないトーク、久々のXJAPANやREBECCAなど見どころ盛りだくさんだった。
   1曲目のマッチ以外は事前にタイムテーブルを発表しない。なんとも不親切ではないか。「世界に誇るニッポンの歌BEST100」を発表する企画もあったが、せっかくの生放送で延々VTRを見せられても困る。ライブだけにすればもっとコンパクトにできたはずだ。平均視聴率は18.3%とあまりに高くてびっくり。テレ朝の作戦勝ちか。(放送 9月23日12時~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中