千原ジュニア「福山さんに感謝!かぶり婚ネタ使わせていただきます」

印刷

   結婚を発表したお笑いの千原ジュニア(41)が、直後の福山雅治・吹石一恵の結婚発表で影が薄くなっていく「かぶり婚」の悲哀を、軽妙に語ってみせた。「福山さん、ありがとうございます。いろいろ(ネタに)使えます」とはさすが。

   きのう29日夜10時半すぎ(2015年9月)、羽田空港に姿を表した千原ジュニアは、待ち構えた記者やカメラに「あっち行かなくていいんですか」と笑いをとった。

ネット情報交錯!「福山がジュニアと結婚したらしい」

tv_20150930121800.jpg

   千原は婚約者と旅行した宮古島で28日に婚姻届を出し、結婚も発表した。2泊3日の新婚旅行というわけだったが、発表の2時間後に福山の結婚が発表になって見事に吹っ飛んだ。その時の気持ちを「ほんまにね、だれか一緒にいてほしかった。すっごい面白かった」という。

   宮古島の旅行には後輩2人を連れていったのだが、彼らがネットを見て「兄さん出ていますよ。ニュースになっています。検索ワード1位ですよ」と、まずは千原の結婚がトップ・ニュースになったことを確認した。

   と、お母さんからメールで「福山雅治さんが結婚されたんですって」ときた。すると後輩たちはが「兄さん! 兄さんの名前が次々消えていきますよ! 次々消えて、検索ワードから抜かれていきましたあ、みたいな」と明かし、記者たちも大笑い。

   ネット情報が交錯して、なかには「福山雅治が千原ジュニアと結婚した!」なんて書き込む慌て者もいたのだという。

「プロポーズは『家族になろうよ』、『ひとつ屋根の下』に住み、『そして父になる』です」

   「正直、こんなにおいしいことになりまして、福山さんありがとうございます」と頭を下げ、「芸能界で一番でっかい落石が落ちてきたみたいな。これはいろいろ使えるなっていう。芸人として『まだ持ってるな』と自覚しています」

   記者の質問にも、福山との「かぶり婚」の鉄板ネタで答えた。「プロポーズの言葉は『家族になろうよ』(福山の曲)です」(笑い)

   新婚生活と兄のせいじについては、「同じ日に『ひとつ屋根の下』(福山出演ドラマ)に入ったということを、あんちゃんにも報告しました」

   記者の「どんな家庭に?」には「いつか『そして父になる』(福山の主演映画)ということでいいんじゃないですか」

   さらに福山には「これから何番組かは使わせていただくと思うので、ホントに申し訳ございません」

   司会の加藤浩次が嬉しそうだ。大沢あかね(タレント)が「それにしても、すべらんなあという感じ。温めていたネタですかね」

   加藤「こうなったら、結婚式とかも合わせたら・・・」

   大沢「千原さんて結婚のイメージがなかったから、想像つかないですよね、奥さんに甘えてる姿とか」

   加藤「後輩を連れて行ってもオッケーという奥さんだということで」

   千原は結婚式の予定はないとしている。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中