大人気おばあちゃん2人「シャーリー&ヒンダ」大学教授や世銀も直撃「聞きたいことあるの」

印刷

   アメリカ・シアトルの片田舎に住むおばあさん2人を主役に、彼女たちを2年間追い続けたドキュメンタリー映画が大人気になっている。ともに電動車いすで動き回る92歳のシャーリーと86歳のヒンダで、映画にはまったくの素人だが、生のままの生活記録に「元気が出る」というのだ。

   楽しく老後を過ごしていた2人は、孫との会話から「経済成長」について考え始める。「財政再建の失敗で米国経済は破綻」という新聞の見出しを読んだ孫に「わかる?」と聞くと「わかんない」。「未来は幸せか」を孫にどういったらいいか。これが始まりだった。2人は答えを探し始める。

   パソコンの使い方から学んで、さらに大学の授業に出たが、質問したら教授は「質問は受けない」とそっけない。さらに口を開くと、教室を追い出されてしまった。世界銀行に電話する。「問い合わせはメールで」「あら、人間と話すことはできないの」。電話は切られてしまう。すると、今度は大学教授の自宅に押し掛ける。

2年間追い続けたドキュメンタリー映画!日本でも公開中

   この映画「シャーリー&ヒンダ(ウォール街を出入り禁止になった2人)」がアメリカ、スペイン、スウェーデンなど各国の映画祭で好評を得て、先週から日本でも公開されている。見た人は「変な目で見られても、2人で笑って前に進むところが素晴らしい」「同じくらいの歳だと思いますけど、行動力がすばらしい」

白髪すごい増加

   2人は「レイジング・グラニーズ」というおばあちゃんだけのNPO団体に所属して、さまざまな活動をしていた。これに目を付けたのがドキュメンタリー映画のホバルト・ブストネス監督だった。「2人の掛け合いがあまりにも面白くて」という。

   シャーリーは「撮影中はすべて即興でした。セリフを覚えることもありません。私たち自身の中から出て来たものです」と話し、ヒンダも「カメラは気にならなかったんだけど、一番ショッキングだったのが、ウォール街でのディナーでした。会場の警備員がとっても失礼だったの」という。

   財界のディナー・パーティーに潜入したシーンだ。シャーリーが壇上で「どうして成長が必要なんですか」と質問すると、警備員に追い出されてしまう。警備員は「心臓発作でくたばれ、このクソババアが」と罵声を浴びせ、「あなたの名前は?」と聞くと、「醜いババアめ、くたばるがいい」

   何があっても諦めない元気の原動力は、「世界を良くしたいという決意の賜物です。孫やひ孫の世代のために活動しているんです」(ヒンダ)と話す。いや、すばらしい。

元気な92歳と86歳・・・。視聴者アンケート「あなたが歳を感じる瞬間は?」

   司会の加藤浩次「気持ちってのは大事ですね」

   大沢あかね(タレント)「年齢を重ねた人の方がパワフルな感じがしますね」

   そこで、岩本乃蒼アナが「自分を歳だなと感ずるのはどれ?」とアンケートをした。「シワ」「白髪」「もの忘れ」「2日後にくる筋肉痛」の中から選べという。

   上念司(経済評論家)「シワを見つけると愕然とします」

   犬山紙子(コラムニスト)「白髪ですね」

   大沢は「もの忘れ。人の名前が出て来ない」

   宮崎哲弥(評論家)「白髪。すごいです、増加が」

   加藤「白髪も染めてるし、もの忘れ、筋肉痛なんか2日後じゃない、3日後だよ」

   視聴者の回答は「もの忘れ」「白髪」が圧倒的だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中