鈴木亮平「三島作品の主演が決まりました!ここ数年舞台離れてたから幸せ」

印刷

   俳優の鈴木亮平(32)は久しぶりの舞台出演が決まったと9月30日(2015年)のブログで報告している。

   「今日は、やっと!やっと皆さんに発表できる嬉しいお知らせがあります。来年3月に、久しぶりの舞台をやらせて頂きます」

   三島由紀夫が残した最後の戯曲「ライ王のテラス」で主演を務めるという。

   「ここ数年舞台から離れていたのですが、ずっとやりたいと思ってました。しかもあの宮本亜門さんのもと、あの赤坂ACTシアターで、さらに三島作品に挑めるとは、こんなに幸せなことはありません」

   今は三島由紀夫や、舞台のカンボジアの歴史や風習の勉強を重ねていると伝えた。

   ファンからは「亮平さんの舞台観に行くまでの5ヶ月で目標を立てました。私もがんばります」「兵庫県から観に行きますね!」と心待ちにするコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中