五郎丸ポーズで決めろ!ラグビーW杯決勝リーグ掛かるアメリカ戦・・・勝ち点差で現在3位

印刷

   ラグビーワールドカップで日本代表はサモアに26-5で圧勝してベスト8進出に望みをつないだ。26点中16点をプレースキックであげた五郎丸選手が蹴る時の「五郎丸ポーズ」があちこちで人気の兆しを見せ始めた。

   五郎丸は楕円形のボールを置くと、歩幅と歩数を確かめてから、いつも顔の前で両手の指を触れ合わせて祈るようなポーズをする。これをプロ野球セリーグで優勝したヤクルトのマスコットキャラ・つば九郎もやり、スポーツショップのマネキンにも登場した。飲み会でもよく出る。「天に向かっていけえみたいなやつ」(社員旅行の女性)、「これから集中してやるぞというときに」(男性医師)などとうけている。

ジョーンズヘッドコーチ「日本ラグビーの中で最も大きな一戦」

tv_20151005124856.jpg

   石原良純(タレント)「にわかラグビーファンが増えましたね」

   次は日本時間12日のアメリカ戦だ。エディ・ジョーンズヘッドコーチは「日本ラグビーの中で最も大きな一戦になる。しっかりした準備が必要だ」と語る。

   日本は1次リーグB組でいま3位。2位までが決勝リーグに進むが、南アフリカやスコットランドと同じ2勝でも、トライ数などで得られるボーナスポイントで勝ち点に差をつけられている。

   キャスターの宇賀なつみ「アメリカに勝つことが絶対条件です」

   司会の羽鳥慎一「勝ち点のことはよくわかりませんけど、とにかくアメリカに勝ってほしい」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中