毎年骨折続出の八尾・大正中学「10段ピラミッド」なぜやめないの?

印刷

   大阪府八尾市の市立大正中学校の体育祭で先月27日(2015年9月)、組み体操の「10段ピラミッド」が崩れ1年生の男子が右腕を骨折したが、この学校ではおととし(13年)、昨年(14年)も事故があり、計8人が骨折していた。

   体育祭本番と練習中も含め、おととしは練習中に2人、昨年は本番に1人、練習中に3人、今年は本番、練習中それぞれ1人が骨折した。なぜ繰り返されたのか。

参加生徒157人、高さビル3階、一番下の生徒に200キロ荷重

   横川一敏校長は「今年は教員の配置を増員し臨みましたが、危険性を認知するところが甘かったと思っています」と語るが、練習で1度も成功していなかったという。生徒の中にも「1回も成功していないのにできるかな」と心配する声があった。

どうなんでしょうか

   八尾市の大正中の10段ピラミッドは人数157人、高さ6メートル(ビルの3階相当)、重さ180~200キログラム(1番下段にかかる重さ)だそうだ。組み体操に詳しい名古屋大学の内田良准教授は、崩れてくるのは中からはじまるので、先生が周りを囲っても意味がないと指摘する。

   事故が続くのになぜやめられないのか。内田准教授によると、先生も保護者もやりたいという声が多いという。先生たちは「生徒たちをまとめているとアピールできる」といい、保護者たちは「頑張っている姿に感動したい」といっている。

やりたがるのは先生と保護者

   司会の羽鳥慎一「お子さんのいる浜田敬子さん(「アエラ」編集長)、どうですか」

   浜田「生徒たちが終わったとき、涙を流してハイタッチするのを見ると、たしかに子どもたちも感動しています。先生と保護者だけでなく、生徒たちの声も聞いたらどうでしょうか」

   羽鳥「生徒たちの団結心の感動と危険でないこと。この両立をさせることができないでしょうか」

   青木理(ジャーナリスト)「たとえば、ドッジボールも危ないという議論もあります。完璧に安全なことはありませんが、常識にいって10段、9段というのは、けがしますよ」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「そうすると、3段になると感動がなくなります。危険でないと感動しないんですよ」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中