セリーグ最年少「トリプルスリー」ヤクルト山田哲人!球団から30歳まで結婚NG指令

印刷

   強打者でかつ足が速くないとできない「トリプルスリー(打率3割、ホームラン30本、盗塁30)」は玄人好みのタイトルの感があったのだが、今シーズンはセパ両リーグで同時に出た。ヤクルトの山田哲人(23)とソフトバンクの柳田悠岐(26)だ。ともに優勝のカギとなったのは間違いない。

   トリプルスリーは日本プロ野球80年の歴史で8人しか達成していない。石井大裕アナが「いかにすごい記録か」と、2人を並べてみせた。

   山田哲人 打率.329(2位)、本塁打38本(1位)、盗塁34(1位)

   柳田悠岐 打率.363(1位)、本塁打34本(3位)、盗塁32(2位)

   山田は3か月連続で月間MVPも獲得し、「チームとしても、個人的にもいい成績を残したので最高だったと思います」とシーズンを振り返った。

野村克也「イケメンだな。モテモテだろ」に「いや、そんなことないです」

   90~98年にヤクルト監督として4度のリーグ制覇(日本一3回)で黄金時代を築いた野球評論家の野村克也が山田に聞いた。これが面白い。ノムさんの監督全盛時代、山田はまだ赤ちゃんだった。初めて会って、握手して開口一番、「イケメンだな」

ええっ?
「いや、そんなことないです」
「モテる?結婚してるの?」
「いやしてないです。独身です」

   いや、モテモテだ。今年のバレンタインには、チームでトップの300個のチョコが届いた。サイン会も女性ばっかり。ファンは「山田選手が目当て。笑顔が素敵」という。まあ、それはいい。

   野村は山田のパワーの秘密に興味があった。「(ボールを)遠くへ飛ばすコツはどこにあるの。人より手首が強いとか、握力が強いとか」

「握力はむちゃくちゃ弱いです」

   「それな、強打者の共通点なんだよ」と納得した様子。どういうことか。「おれも弱い。王貞治も弱い」「握力の強い選手は無意識に力に頼る」

   山田を指して、「間違いない。一流」と太鼓判を押した。

女性の好みは「きれい系より可愛い系」

   山田のいまを作った人がいた。3年前の2軍時代から二人三脚できた杉村繁打撃コーチ(58)である。日本でただ1人、シーズン200本安打を2度達成している。MBLジャイアンツの青木宣親(33)、セパ両リーグで首位打者のソフトバンク内川聖一(33)を育てた。

   杉村コーチは山田にワンバウンドのボールや、バランスボールに座ってなど11種類ものトスバッティングを課した。それがさまざまな状況に対応できるバッティング・フォームをつくったのだという。山田は「これをやらないと、身体が嫌っていってます」という。これがセ・リーグ史上最年少、23歳での「トリプルスリー」につながったわけだ。

   ここで石井アナが歴代スーパースターの23歳シーズンの成績を並べた。王貞治(63年)、秋山幸一(85年)、イチロー(96年)、松井秀喜(97年)はどうだったか。山田の打率はイチローに次ぎ、本塁打は王、秋山(40本)に迫る。打点は100打点で、王、松井に次ぐ。盗塁はイチローの35に次ぐ。いやはや。

   ここで、九州出身のお笑い芸人、博多華丸が「柳田選手は26歳ですね」と、やんわり柳田に言及する。「(山田は)女のことでは、30歳まで結婚するなと球団からいわれてるらしい」

   「エーッ」と司会の夏目三久がのけぞる。

   山田の女性の好みは、きれい系より可愛い系なのだそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中