「50年後も人口1億人維持」が仕事らしい・・・安倍内閣の珍名大臣「1億総活躍」

印刷

   キャスターの菊川怜が「元プロレスラーや元アナウンサーと異色の経歴を持った議員が初入閣するなか、気になるのは1億総活躍担当大臣という新しい閣僚ポスト」と、7日(2015年10月)に発足した第3次安倍改造内閣を取り上げた。いったい何をやる大臣なのか。加藤勝信・官房副長官が起用された。

   司会の小倉智昭「どうやったら(1億人が)活躍できるか、就任会見では出てこなかったですね」

来年夏の参院選向けシフト

   安倍首相は先月24日(2015年9月)の会見で、その狙いをこう話していた。「少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口1億人を維持したい。一人ひとりの日本人誰もが家庭で、職場で、地域でもっと活躍できる社会をつくる」

総活躍ねえ・・・

   少子化は分からないが、新しい閣僚ポストを作らなくても、高齢化は50年後には自然と歯止めがかかっている。そもそも、この新閣僚ポストは、石破茂地方創生担当相、甘利明経済再生担当相、塩崎恭久厚労相などと仕事がかぶる可能性がある。

   馳新文科相は「かぶってどこが悪いの?」と吠えていたが、屋上屋を重ねれば責任体制があいまいになるだけだ。田崎史郎氏(時事通信解説委員)は「担務はこれからすみ分けていくのではないですか。来夏の参院選に向けた守りの布陣」と見る。アベノミクスのように、参院選に向けにほんわか期待を持たせる策なのかもしれない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中