最年長・真央ちゃん 抜きんでた存在感・・・でも、年下選手に敗れる姿見たくない!GPで有終の美を
<フィギュアスケート ジャパンオープン2015>(テレビ東京系)

印刷

   久しぶりの浅田真央は気負っていなかった。何より驚いたのは抜きんでてスラリと引き締まったボディ、たったの25歳だというのに、臈長けた年増のような雰囲気、「真央ちゃん」とは呼べないような大人の女性の色香。酸いも甘いも乗り越えた達観したような落ち着き、これはオリンピックで涙を流した彼女とは思えないほどの変貌ぶりだった。トリプルアクセルの前にも構えずにスッと飛んだ。

   1つ違和感があったのは、彼女も言っていたように、これまでは誰かしら年上の選手が混じっていたのに、今回は真央が格別大人で、子供たちの中に自分だけがいる。他の選手が年も若く背も低く、技術は別としても1人だけ種類の違う選手が混じっているみたいで、真央は孤独だったのではなかろうかということであった。

   グランプリファイナルになれば個人競技なので気にならないだろうが、世界的に見ても10代の選手が台頭してきて、これからは競技会の度に自分の年齢を意識してしまうのではないか。つくづく過酷なスポーツである。折角カムバックを選んだのだから、まだまだ活躍してもらいたいが、あまたの名選手たちが20代の後半になって、年下の選手に敗れてゆく姿を見てきたので、我ら日本人の至宝・真央にはあの辛い姿を味わわせたくない。

   はっきり言って見ている方もジレンマである。テレビ評返上の感想である。出来ればグランプリシリーズで有終の美を飾ってもらいたい。蘭花1つはエールだ。(放送2015年10月3日18時30分~)

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中