北海道・根室水びたし!超大型低気圧でまた冠水・浸水「この1年で3度目だよ」

印刷

   台風23号から変わった超大型低気圧がきのう8日(2015年10月)、北海道で猛威を振るった。司会の羽鳥慎一が「各地で被害が続出しています」と伝える。とくに低気圧の中心に近い北海道東部(道東)が直撃を受けた。太平洋に面した浦幌町では大型トラックが風にあおられて横転し、根室市に向かう取材の車からは電話がかからず、ネットも途切れた。

「何十年に1度の被害が数か月ごと」

   根室市では道路もすっかり冠水した。飲食店の男性店長は「ひどいですね。何十年に1度の被害が何か月かに1度きている」と話す。根室市は去年12月に冠水・浸水被害があり、今年8月の大雨でも被害を受けた。今回も「食材がほとんどいっちゃった50万円以上の被害です」(飲食店長)、「10か月の間に3回だから、市はもう少しなんとかやってくれないと」(菓子店従業員の男性)と、住民はうんざり顔だ。

対策追い付かない

   北海道のまん中にある三国峠では、例年なら紅葉の時期なのに、アラレが積もり、一面真っ白となった

   羽鳥「常総市の水害を思い起こさせます」

   吉永みち子(エッセイスト)「対策が追いつかない面がありますね。この頃の気象は(従来の対策では)おさまりきらないのですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中