天海祐希「日本一豪華な笑い顔」化粧崩れるのも構わずガハハ!美人は何やっても好感度UP だね
<コサキン・天海のマネもの 超発掘!ものまねバラエティー>(フジテレビ系)

印刷

   小堺一機と関根勤、天海祐希による不定期に行われるものまね特番で、今回はその第4弾だった。コロッケ、友近、原口あきまさ、なだぎ武、福田彩乃ら芸達者なものまね芸人たちが、ほかではなかなかやらせてもらえないものまねやマニアックなものまねを披露した。たとえば、寺岡光盛の「『刑事コロンボ』の吹き替えの小池朝雄と新コロンボの石田太郎の声の違い」や、友近のいじわるな「藤原紀香の名言BEST3」などなど、深夜にひとりで大笑いしてしまった。
   今回の目玉は関根と小堺も新ネタに挑戦したこと。関根が演じたのは「街中でいつもオドオドしている村松利史」だ。村松は「踊るさんま名前だけだとピンとこないが、顔を見れば誰もが『ああこの人か!』とわかる俳優」をもってくるあたりはさすがである。小堺は「MXテレビ・バラいろダンディ番組終了間際、感情に任せて絶対に入らない量のコメントを言おうとするが案の定入らずディレクターのせいにするも最後は超個人的な事を言ってしめる梅沢富美男」。こちらもタイトルを聞いただけでもう可笑しい。
   天海は日本一豪華な『笑い屋』で、化粧が崩れるのも構わず、涙を流して笑う姿はこれまた好感度UPだ。小堺の「ごきげんよう!」が終了するらしいが、その代わりにこの番組をレギュラーにして欲しい。フジテレビにしては支持率の高い番組になること間違いなし。(放送2015年10月9日0時55分~)

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中