爆買い中国人観光客だます「闇ガイドとインチキ免税店」市販の4倍でぼったくり

印刷

   中国人観光客の爆買の裏で、闇ガイドと免税店がグルになってインチキ商品を高額で購入させる詐欺被害が急増している。「真相チェイス!直撃御免」コーナーで伝えた。

   都心の繁華街からちょっと外れた雑居ビルの前に中国人観光客が集まっている。国慶節の大型休日を利用してやってきた観光客をガイドが連れてきたという。ビルの中の免税店で買い物をしているのだが、話を聞くとなんとも怪しい。

帰国後に気付いた!「商品は偽物で、中国人が中国人をだます店」

   男性観光客は「臭いや電磁波を吸収する商品だと聞いて4個2万円で買った」という。消臭剤なのに免疫力アップの効用まで謳い1個5000円とは不可解だ。夫婦で来た観光客は「日本製のヘアカラーリング剤とか、深海魚エキスとか4個で7万8000円した」と話す。1個約2万円。同様の成分を持つ市販の商品と比べ4倍近い値段だ。詐欺にあったのではと注意しても、日本製を信用していて「そんなはずはない」と疑わない。

犯罪だよね

   しかし、帰国してから詐欺とわかったのだろう、インターネット上に怒りや怨嗟の声が目立ち始めている。「頑張って稼いだお金を日本でのツアーで10万円だまし取られた」「調べたら、買った商品は偽物で、中国人が中国人をだます店だと言われた」「ガイドが連れて行った店(免税店)でしか買い物ができなかった」という。

客送り込むとキックバック

   いずれも闇ガイドにだまされたようで、観光バスの運転手は「日本語をまったく話せないアルバイトというのが結構いる」と話す。なかには、「大阪城」を「五重塔」と説明していたガイドもいたという。

   闇ガイドだった中国人男性によると、闇ガイドは特定の免税店と手を組み、ツアーの客を連れて行って高額の商品を買わせ、店から売り上げに応じてキックバックをもらうのだという。この元闇ガイドも26万9700円購入した客の売り上げから6万6090円をキックバックされたメモを見せた。

   なぜ闇ガイドが横行するのか。新人リポーターの新美有加アナによると、外国人を相手に観光ガイドを行うには「通訳案内士登録証」(国家資格)が必要だが、試験は語学力だけでなく、地理や歴史など難しすぎてなかなか合格しないため数が少ないのだという。

   一方、グルになって高額商品を売りつける免税店の実態はどうなのか。司会の小倉智昭小倉は「こういう免税店は日本人の経営だと犯罪に近いのでは。日本人も関係して売っているんですかねえ」

   太田昭宏前国交相は「問題が発生していることは承知している」と話していたが、承知しているだけならテレビ局でもできる。こうした不正行為を早急に排除しないと日本が目指す観光立国に支障が出る。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中