「パチンコ」「麻雀」デイサービス施設ではNG?依存症になると神戸市が規制

印刷

   介護が必要な高齢者が通うデイサービスに、『カジノ』が登場し賛否が沸き起こっている。横浜市都筑区にあるデイサービスは、その名もズバリ「LAS VEGAS」である。部屋の壁際にはパチンコ台がずらり並び、真ん中には数台の麻雀台が置かれている。スーツ姿の男性が勝った人に「ベガス」という疑似通貨を手渡していた。男性は介護士という。

疑似通貨で遊ぶだけなのに・・・

   このカジノ型デイサービスはお金のやり取りはなく、運動やリハビリに加えて、ゲームなどの遊びを通じて認知症予防につなげたいという狙いだ。導入した日本エルダリーケアサービスの森薫会長は「ラスベガスのカジノを見たら、高齢者の方々が生き生きと楽しんでいて、日本でもできないかと思ったのがきっかけです」と話す。

いいんじゃないの

   麻雀に興じていた女性は「ここに来るのを楽しみにしているんです」と話し、時間が来るとトレーナーの指導でストレッチ体操を行っていた。諏訪東京理科大の篠原菊紀教授は「こうしたゲームで脳が活性化し、やる気や意欲が上昇するので介護予防に効果がある」と話す。

山口組の本拠地で博打まがい許さん?

   ところが、ギャンブル依存症になりかねないと、兵庫県は利用時間の上限を設けるなど規制の検討を始めた。なかでも厳しいのは神戸市で、山口組の本拠地とあって博打まがいの行為には敏感なのだろうか、カジノ型のデイサービスは一切認めないとすでに規制を始めている。

   司会の小倉智昭「昔から麻雀をやる人は頭使うから歳とらないとか言いますよね。いいじゃないですか、お年寄りのためになるなら」

   行政が麻雀やパチンコの遊びまで規制するのはいかがなものか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中