布袋寅泰「嵐とコラボしました。PV撮影は鳥肌の連続、みんなダンスのキレが半端なかった」

印刷

   ミュージシャンの布袋寅泰(53)は「嵐」とコラボレーション曲を作った感想を10月16日(2015年)のブログに書いている。

   嵐の14枚目のアルバム「Japonism」に収録されている「心の空」は、布袋のギターに和太鼓や三味線の音を混ぜた曲で、アレンジを布袋、ラップの詞を櫻井翔が手掛けた。

   「この曲は東京―ロンドンのスカイプミーティングからスタートしました。櫻井くんと松本くんとスカイプ会議するのもなかなかシュールでしたが(笑)」

   この時二人から「外から見た日本」「和楽器をフューチャーしたダンス・ナンバー」「原点回帰」というコンセプトを受け取ったという。

   帰国した際に櫻井、松本潤、大野智にデモを聴いてもらったとき、大野から「もっとギターが聴きたいです」と言われ嬉しかったと書いている。

   「PV撮影で5人と並んでパフォーマンスするのも鳥肌の連続でした。なんといっても彼らのダンスのキレは半端じゃない!」普段穏やかな相葉雅紀や二宮和也も音楽が流れた瞬間「野生のスイッチが入る」と回想している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中