食べ物ムダにするな!「デカ盛ブーム」食べきれない超大盛りをスマホ自慢

印刷

   飲食店でデカ盛りがちょっとしたブームだ。菊川怜キャスターは「それも若い人ばかりでないんです。その訳は・・・」と意味ありげにスマホを取り出した。

   東京・銀座のカレー店では、女子大生グループのお目当てはカレーではなく、重量2キロ、高さ14センチの「軍艦シュークリーム」だ。目の前に届いた巨大シュークリームを前に、全員がまずスマホ取り出し撮影会。終わるとSNSで自慢するのが今風なのだという。

重量3750グラム、高さ24センチの「つけ麺クレーター」

   同じく銀座の中華料理店では、若い男性が普通盛りに100円プラスした850円で1.2キロある「チャーハン特盛」を注文していた。男性もやはりスマホで撮影する。この店には高さ20センチの「メガ盛りチャーハン」(5000円)もある。

若い人に・・・

   プレゼンターの内野泰輔がネットで調べて訪れたのは東京・東池袋のラーメン店だった。目当ての重量3750グラム、高さ24センチの「つけ麺クレーター盛り」を注文した。食べることが好きという内野だったが、5分の1ほどでギブアップした。

   ネットに伝説になっていると紹介されたのが東京・国立市のレストランの「超巨大かき揚げ丼」である。42枚のかき揚げを重ねて高さ43センチを男子大学生が挑戦したが、8枚でギブアップしてしまった。

   デカ盛りブームというよりも、奇想天外なデカ盛りを注文してスマホで自慢するのがブームのようだが、司会の小倉智昭は「食べ物をむだにしているような気がする。あまり意味がないね」と切り捨てた。ごもっとも。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中