清水富美加なかなかバラエティ向きかも・・・頭の回転よくしゃべりも積極的!「朝ドラ」先輩の能年玲奈と大違い
<天才!志村どうぶつ園>(日本テレビ系)

印刷

   志村けんがMCをつとめる2004年スタートの動物バラエティ番組のこの日は、人気キャラクターだったチンパンジー「パンくん」の赤ちゃんと、「日本犬の里」の四国犬ヤンチャンの妊娠など、赤ちゃんネタが多かった。

   パンくんの赤ちゃんは24時間泊り込み態勢で飼育員が見守っているのだが、人工保育3日目に赤ちゃんがミルクを飲まなくなるというアクシデントが起きた。いろいろあって、ミルクが冷たいからではという結論になり、事なきを得たのだが、これまでにも何匹も飼育しているはずで、ミルクが冷たいと飲まないというのを知らなかったのは不思議である。番組的に盛り上げを狙ったのか、あるいはパンくんの子だけが繊細なのか。そのあたりの説明がなかったのは残念だ。

   もうひとつのヤンチャンのおめでたは、動物病院のエコー検査でおなかに赤ちゃんがいることがわかったのだという。犬は60日で出産するので、あと2週間で産まれる。命の尊さを感じさせるよい番組だと思う。

   ところで、今回のゲストはNHK連続テレビ小説「まれ」で人気を博した清水富美加だったのだが、頭の回転もよく、積極的に発言もして、バラエティとの相性もばっちりだ。同じ事務所の「あまちゃん」の能年玲奈がフリートークではほとんど使えなかったのとは大違いで、使い勝手も良さそうだ。今後の活躍に注目!(放送2015年10月17日19時~)

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中