巨人選手「賭博」広がる疑惑!他にはいないのか?八百長ないか?胴元は暴力団?

印刷

   プロ野球・巨人の福田聡志投手(32)の野球賭博を調査している日本野球機構(NPB)は21日(2015年10月)、巨人の笠原将生(24)と松本竜也(22)の2投手も賭博行為をしていた発表した。巨人の久保博社長は「野球史を汚すような選手を出したことについて、深くお詫びします」と陳謝した。

スマホメール消去して証拠隠滅!NPB調査委が復元

   笠原は自称税理士法人勤務の男性や飲食店経営者との間で、プロ野球の20~30試合に金銭をかけていた。高校野球やゴルフを対象にした賭博、麻雀やバカラでもカネをかけていた。松本は笠原の仲介で去年6月から10月にかけてプロ野球の十数試合にカネをかけたという。最初に野球賭博が発覚した福田投手は麻雀やバカラもやっており、100万円以上の負け金があった。

tv_20151022123835.jpg

   NPBの調査委員会は3人のスマホから削除されていたメールを復元し、膨大なやり取りを分析したうえで3人にヒヤリングを行った。

ドラフト1位入団だった松本竜也

   笠原はプロ7年目で、今シーズンは20試合に登板した。父はロッテ、弟はソフトバンクという野球選手一家だ。松本は香川・英明高校のエースで甲子園に2度出場し、11年秋のドラフト1位で巨人に入団した。今年は1軍で登板していない。

   賭博を巨人戦でもやっていたかどうか、八百長を行っていたかは、いまのところ確認されていない。3人の賭博の胴元が反社会的勢力かは調査中だ。

   司会の羽鳥慎一「かつて黒い霧事件というのがありました。また起きたかという気になります」

   きょう22日、プロ野球のドラフト会議だ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中