テレビ朝日系「遺産争族」大塚家具の父娘バトルで急きょ脚本変更!生々しすぎる・・・

印刷

   きょう22日(2015年10月)にスタートするテレビ朝日系「遺産争族」(木曜よる9時)は、10億円の資産をめぐる家族・親族の欲と確執を描くホームドラマだ。当初、老舗家具屋一家という設定だったが、脚本が上がった直後に「大塚家具」の父娘バトル騒動が勃発、リアルすぎると急きょ葬儀屋一家の話に変更されたのだという。ゼネラルプロデューサーの内山聖子が朝日新聞(21日付夕刊)で明かしている。

   欲深い家族を岸部一徳、伊東四朗、渡辺いっけい、室井滋らベテラン、物欲も出世欲もない婿を向井理、その妻で世間知らずのお嬢さまを榮倉奈々が演じる。対照的な両者のやり取りが見どころのようだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中