プロ野球ドラフト会議!「あさチャン!」注目の元高齢者施設職員・松本直晃は西武

印刷

   スポーツ担当の石井大裕アナが段ボールの箱を持ち出した。「要返却」と大書してある。取り出したのはきのう22日(2015年10月)に行なわれたプロ野球ドラフト会議で使われた抽選のボックスだった。「DRAFT2015 NPB」とある。半透明のプラスチックで中が透けて見える。これをお飾りに、ドラフト会議の結果を伝えた。今年もドラマとハプニングがあった。

楽天指名の甲子園怪物オコエ「将来的にはキャプテンになりたい」

   最大の目玉は152キロという高校生離れした右腕、県立岐阜商の高橋純平投手(18)だ。中日、日本ハム、ソフトバンクの3球団の競合になったが、引き当てたのはソフトバンクの工藤監督だった。笑顔でなく、おどけたように丸い目を剥いてみせ、一拍おいてからガッツポーズ。後ろで王GMが笑顔を見せた。高橋も満足げに、「夢であったプロ野球のスタートラインに立ててとても嬉しいです」と話した。

tv_20151023120700.jpg

   東京六大学で最多安打記録を更新した明治大の高山俊選手(22)のときにハプニングがあった。ヤクルトと阪神が競合したが、ヤクルトの真中監督がサッと手を挙げて勝利のポーズをとる。阪神の金本監督はそれを見てくじを開かず引き下がったのだったが、これが間違いだった。引き当てたのは本当は実は阪神だった。NPBの訂正があって、金本監督は「ビデオ判定でホームランに覆った心境です」と笑う。

   真中監督はバツの悪そうな顔だった。こんな勘違いも珍しい。高山もヤクルトから阪神にかわって微妙な笑顔だ。「よくわからないですが、1位で指名していただいたので嬉しく思います」

   高校ナンバー1のスラッガー、仙台育英高の平沢大河選手(17)は地元楽天を希望していたが、楽天とロッテが引いて交渉権はロッテになった。その瞬間、微妙な表情を見せ、「もっとレベルアップして次の世界に入りたい」

   その楽天は攻守・好打・俊足の関東第一高のオコエ瑠偉選手(18)の交渉権を獲得した。オコエは満面の笑み。「内心緊張してました。1軍で出られるよう切磋琢磨していきたい。将来的にはキャプテンができるような人間になりたい」

   夏の甲子園優勝投手、左腕の東海大相模の小笠原慎之介投手(18)は中日の谷繁監督が引き当てたが、直後に石井アナがインタビューしていた。はじめは緊張していたが、「いざここに来てみると、身体が固くなって」と笑顔になった。しかし、「(先に)平沢も高橋も呼ばれていたので、すごく悔しかったです。必要とされるならどこの球団でも。1年目からガツガツやってやろうという気持ちになりました」

お年寄りに背中叩かれて軟式野球からプロ野球へ

   「あさチャン!」はきのうの番組で紹介した異色のドラフト候補、松本直晃投手(24)に注目していた。1年前までは高齢者施設の介護員だった。お年寄りからは「面倒見てくれる」と評判の若者だが、そのお年寄りに「若いうちにやりたいことをやれ」と背中を押されて一念発起した。

   軟式野球から四国アイランドリーグに参加して、硬式の投手歴わずか10か月で41試合4勝1敗6S、防御率1.00(リーグ2位)の成績を残した。ドラフト候補に登録して会議の成り行きを見守った。有名選手が次々と決まっていくなかでジッと待った。3時間経って最後の1人になった。西武の田邊監督が10位で指名したのは「松本直晃。香川オリーブガイナーズ」だった。

   松本は天を仰いだ。父の洋昌さんは涙でくしゃくしゃだった。本人は「順位はどうであれ、この世界に立てた喜びで精進していきたいと思います」と冷静だった。

   司会の夏目三久が拍手しながらちょっとうるんだ目。「この日のことをいつまでも忘れないでいてもらいたいですね」

   最後に夏目と石井が抽選箱に手を突っ込んだ。「『あさチャン!』の将来ですか」。封筒を開くと、石井が「交渉権確定 見本」を引き当てていた。夏目が「騙しましたね」「次行きましょう」

   抽選箱で番組は盛り上がった。来年は朝のワイドショーで奪い合いになりそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中