希良梨、検診受け「子宮は取ろうと覚悟は決めてる」

印刷

   女優の希良梨(35)は10月24日(2015年)のブログで、子宮頸がんの検診に引っかかったとし、「いつかは、癌に進行する前に子宮は取ろうと覚悟は決めてるけど」と明かした。

   「20代で手術はしたから、安心して生活してたんだけど」「わざわざ病院から実家に電話がかかってきたんだよね」と経緯を説明。子宮摘出の時期については「子どもが産めなくなる年齢までは、できるなら、希望はとっておこうと思うんだ!」と述べている。

   希良梨は1997年に芸能界デビューし、ドラマ「GTO」に出演したほか歌手としても活躍。08年に台湾人男性と結婚し、台湾でも芸能活動を行っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中