2018年 7月 22日 (日)

空港のボディースキャナーはっきり映らなくしました!体のライン見え過ぎで苦情

印刷
これも技術革新

   東京五輪などに向けたテロ対策として、全身をスキャンし、危険物などを検知するボディスキャナーの新型機が登場した。きょう27日(2015年10月)から羽田空港や成田空港で試験運用され、2020年までに全国の主要空港に配置される予定だ。

   これまでスキャナーはボディラインがはっきり映ってしまうため、プライバシーの侵害だといった懸念の声があった。新型スキャナーはモニターに人型の画像と危険物の位置が表示されるものの、細かな体のラインは表示されない。また、スキャンしたデータはそのつど廃棄され、プライバシーに配慮されている。

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「いままでくっきり見えていたものを見えなくしたのが進歩だというのが、ちょっとおもしろいと思いますね」

   司会の加藤浩次「たしかに。鮮明に見せるのが技術革新かと思っていましたかね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中