人気ナンバーワン新米「青天の霹靂」青森で初めて「特A」上品な甘味で程よい粘り

印刷

   今年の新米が店頭に並び出し、「とくにいま人気なのが青森の『青天の霹靂』」(中山美香リポーター)なのだという。値段は5キログラム3500円ほどと高めだが、売れている。

   「テレビでけっこう話題になっているお米で、気になった(ので買った)」「名前もちょっと変わっているので、すごく印象に残りました。話題になるかと、1回食べてみようと」と買っていく。

ちょっと高めの5キロ3500円

   青天の霹靂は上品な甘味なので食べ飽きず、どんな料理にも合うのが特徴で、冷めてもおいしいという。今年の食味ランキングで、青森県産の米としては初めて「特A」を獲得したことでも話題だ

炭水化物食べよう

   中山「(食べると)思ったより甘味は強くないのですが、噛めば噛むほど甘味が出てくるんです。ふっくらしていて、ほどよくネバリもあって、おいしいです」

   司会の加藤浩次「巷では炭水化物が悪者みたいになってきてますけど、(米などの)炭水ありきですよ。炭水食べてナンボですよ」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中