文化度低さ露呈したTBS!歌手写さぬ日本シリーズ「国家独唱」イタリアから呼んでおいて失礼でしょ
<プロ野球 日本シリーズ~ヤフオクドーム ソフトバンク×ヤクルト」(TBS系)2015年10月24日17時55分~

印刷

   開会式セレモニーに人気の五郎丸歩選手が出てきて始球式をやった。アナウンサーが興奮気味にヨイショしまくるが、彼が投げた球は山なりのボール球で、辛うじてキャッチャーが捕球した。ラグビーのワールドカップ予選で、独特の拝みスタイルで大人気になった五郎丸は、ルックスもいいしモテるのはわかるが、たかが、決勝トーナメントにも出られなかった選手を今のようにチヤホヤする付和雷同型日本人には呆れる。NHKが年末の紅白歌合戦の審査員にでも呼んだら、目も当てられない。でも、やりそー。
   この開会式セレモニーで1番アタマに来たのは、「君が代国歌独唱」の場面だった。なんでもイタリア在住とかいうテノール歌手が、朗々と国歌を独唱している最中に、カメラはただの1度も歌手の顔を映さなかったのである。歌いだす前にチラッと笑顔は映ったが、それっきり。肝心の独唱の最中に彼を撮るのは最低の礼儀だろう。ずっと選手や監督の顔ばかり撮っていて、歌が終わってもテノール歌手はカメラに無視された。
   ホント、TBSの文化度の低さには呆れる。テープを流すだけのサッカーの試合ではないのだ。わざわざイタリアから招聘して失礼の極みである。ちなみに、筆者はNHKBS1の方は見ていないのでこの局のカメラの事は知らない。
   ゲストや解説は前田健太、秋山幸二、佐々木主浩など。試合そのものはヤクルトの貧打でさっぱり面白くなかった。(放送2015年10月24日17時55分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中