「紅白歌合戦」司会発表大幅遅れの舞台裏!固辞のタモリに再度交渉中?

印刷

   例年ならば10月初旬に行なわれるNHK紅白歌合戦の総合司会、紅白司会の発表が大幅に遅れ、今年のテーマもまだはっきりしていない。このままでは大みそかに向けた準備も狂ってきそうだ。なにか起こっているのだろうか。

   「週刊文春」(11月5日号)は、アテにしていたタモリに断られたものの、NHKはまだあきらめきれないからだと伝えている。タモリも初めは総合司会に乗り気だったが、日刊スポーツが10月6日に「タモリ内定」と報じ、事前に漏れたことでへそを曲げてしまったのだというのだ。

   NHKにしてみれば、なんとか仕切り直してタモリに御機嫌を直してもらおうと、いまだに必死に交渉を続けているらしい。タモリの返事次第では紅白歌合戦の構成やコンセプトも大きく変わってしまうので、結論が出るまで「紅白の準備」はストップという状況のようだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中