亀田和毅「メキシコ人女性と結婚しました。アマチュアの元ボクサーで理解ある人」

印刷

   ボクシング前WBO世界バンタム級王者の亀田和毅(24)が、16歳の時から交際していたメキシコ人女性と10月18日(2015年)に入籍したことを、28日にブログで報告した。結婚式は24日にメキシコの教会で挙げたことも明かした。式には家族や知人が日本、メキシコから駆けつけ、祝福を受けたという。兄・大毅、父・史郎らと並んだ写真も載せている。

   お相手の女性との馴れ初めは、亀田がメキシコに初めて渡った2007年。以来、「彼女はアマチュアでボクシングをしていたこともあってボクシングに対して、すごい理解してくれてて、今まで色んな面でサポートしてくれました」と、公私ともに支えられてきたようだ。

   「メキシコで一人、ボクシングで成長できたのも、世界チャンピオンになれたのも実は彼女の大きい支えがあったからです。彼女の家族にも色々と助けていただきました。」と、妻とその家族への感謝を述べた。

   最後に「これからは二人で人生を歩んでいきますが、彼女の喜ぶ顔を見るためにも、今はボクシングでトップを目指して頑張ります!皆様、これからも応援よろしくお願いします!!」と、ファンへ呼びかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中