2018年 7月 19日 (木)

宮崎「歩道暴走」運転の73歳男性は認知症!2日前に退院したばかり

印刷

   おととい28日(2015年10月)、宮崎市の目抜き通りで歩道を軽自動車が暴走して2人が死亡、5人が重軽症を負った事件で、運転していた73歳の男性は数年前から認知症で治療を受けており、2日前まで入院していたことがわかった。病気と事故との関連づけは難しいが、このところ高齢者の事故が続いており、深刻な社会現象とみた方がよさそうだ。

宮崎テレビが事故撮影!ブレーキかけたり急加速したり・・・

   現場の歩道は中央に標識が立っており、片側だけでも車が走れる広さがある。男性が運転する軽乗用車は午後2時50分ころ、交差点で車道からこの歩道に乗り入れ、初めはゆっくりと走っていた。別の取材で居合わせた宮崎テレビの取材チームが事故の様子を撮影していた。

・・・・・・

   映像を見ると、ブレーキをかけたりしているのがわかる。ところが、レンタルビデオ店前で人をはねてから急加速して、さらに5人をはね、JR宮崎駅前の交差点に飛び出すところでコンクリートのベンチに激突、縁石に乗り上げてとんぼ返りをして止まった。とても正常な運転とはいえない。

   車は歩道を700メートルを走っていたが、事故の直後に警察官が「車道と歩道を間違えたのか」と聞くと、「はい」と答えていた。男性はこの日、鹿児島から来ていたが、どこにいるかも定かでない様子だったという。

75歳以上死亡事故の4割「認知機能」問題あり

   運転者が認知症だったことによると見られる事故は増えている。今年1月(2015年)には首都高速道路を逆走した83歳の男性が、トラックと正面衝突して死亡。7月には大阪・淀川区で73歳の認知症の男性が踏み切りから阪急電車の線路に乗り入れた。幸い事故にはならなかったが、列車往来危険の疑いで逮捕されている。

   警察庁によると、去年発生した75歳以上の死亡事故471件のうち、約4割の181件が認知機能の衰えが原因とされた。認知症に詳しい医師は「認知症は自覚しずらい。ふらふら運転とか車庫入れでこすったりなど、技術に問題が出ても、本人は言わないから家族が気付くしかない」と話す。

   6月の改正道交法で認知症のチェック体制強化が盛り込まれ、認知機能検査で可能性があれば医師による検査を義務づけられ、認知症と判断されれば「免許取り消し」「免許停止」にもできるようになった。

   事故を起こした男性の近所の人は、運転ぶりを「危なっかしい」と感じていたという。「あさチャン!」は男性の運転ぶりやが普段からどのくらい車を利用していたのかなどは伝えなかった。司会の夏目三久も既報のニュースを伝えただけだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中