ソフトバンク優勝!「燃えた北九州」瞬間最高視聴率55%・・・東京はこっちも低調12・3%

印刷

   きのう29日(2015年10月)にプロ野球日本シリーズ第5戦でソフトバンクが2年連続優勝を決めたが、関東と北九州では試合中継の視聴率が極端に開いた。ソフトバンク地元の北九州地区はテレビ西日本が放送し、平均視聴率35・5%、工藤監督の胴上げシーンでは55・0%に達した。

   一方、ヤクルトの地元東京ではフジテレビが放送してわずか12・3%だった。地元視聴率に3倍もの開きが出る日本シリーズも珍しい。シリーズが始まる前からソフトバンクの圧倒的優勢と見られていたから、東京のプロ野球ファンは関心が薄れてしまったということだろうか。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中