T.M.R.西川、ハロウィンの大騒ぎに一言 「大人がコスプレしてねり歩いたりするもんじゃ...」

印刷

   ハロウィンの盛り上がりが話題になる中、ミュージシャンのT.M.Revolution西川貴教が2015年10月31日、ツイッターで「本来のハロウィン」のあり方について言及した。ちょうどハロウィンの本場、イギリスを訪れているという西川は、「ハロウィンの盛り上がりに水を差す気はないですが......」と前置きをしつつ、「やっぱ本来のハロウィンで仮装するのは小さな子供達で、大人がコスプレして我がもの顔でねり歩いたりするもんじゃないんですよね」と最近の日本のハロウィンに釘を刺した。その上で、「日本で言えばお盆みたいなもんなんだから、クリスマス同様家族で過ごすものなんだなと改めて思うヒースロー空港なう」とツイートを結んでいる。

   ハロウィンの発祥については、古代ケルト人の間で、10月31日は死者の霊や悪霊などが生者の世界にやってくる日だと信じられていたことに由来するといわれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中