スマホ喧嘩で殺人未遂逮捕!線路突き落とし男「いじりながら歩くな」と体当たり

印刷

   歩きスマホをしていた男性(36)と肩がぶつかったと言い合いになり、JR町田駅のホームから線路に突き落としたとして、町田署はおととい31日(2015年10月)、社員の山崎達也容疑者(44)を殺人未遂容疑で逮捕した。スマホトラブルは絶えないが、ここまでになるのは珍しい。

   ことが起こったのは30日早朝だ。被害者によると、山崎は「スマホいじりながら歩くんじゃない」と体当たりをしてきた。男性は線路に転落したが電車は入ってきておらず、腰や身体に2週間のけがですんだ。

   山崎は立ち去ったが、防犯カメラから身元が判明して逮捕された。調べに対して、「線路に突き落としたことは間違いないが、殺意はなかった」と話しているという。

周囲まったく見てない操作中

   スマホをめぐるトラブルは多い。JR東日本によると、昨年度(2014年度)、スマホによる迷惑行為の問い合わせがおよそ100件あった。街で聞いても、「ぶつかってスマホを落として割れた」「持って歩いているだけで嫌味をいわれた」「電車で電話をしている人に注意をしたら、『ふだんしゃべってるのと同じじゃないか』といった」などなど。相変わらず自転車で走りながらなんてのもよく見かける。

使い方考えて

   藤森祥平アナ「突き落とすというのは行き過ぎとはいえ、子どもと一緒に歩いていると、スマホ見ている人の視界からは、(子どもが)完全に消えていますよね。だから膝が子どもの顔にぶつかる危険があります」

   司会の夏目三久「スマホに集中してしまうという状況ありますか」

   月曜キャスターの澤部佑「ぶつかって尻もちついちゃうなんてこともありましたね」

JR東日本きょうから「やめましょう、歩きスマホ」キャンペーン

   佐藤渚アナ「駅の構内でとくに歩きスマホが多いということで、JR東日本はきょう(2日)から14日まで、『やめましょう、歩きスマホ』というキャンペーンをします」

   牧嶋博子(TBS解説委員)「歩きスマホがかっこ悪いということになれば、多分みんなやらなくなりますよね」

   夏目「ちょっとした気の弛みで大きな事故も起こりますから、スマホの使い方、考え直してください」

   電車の中ではスイッチを切れなんて「しゃべるな」というに等しい。誰も守りはしない。でもチラチラみると半分はゲームだ。日本人は相当バカになってる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中