2018年 9月 26日 (水)

ダンスバトルでケンカ仲裁!女性警官「勝負よ!」不良少女たちも納得の踊り

印刷

   「警察官がオドロキの方法でケンカを仲裁しました」と森圭介アナが伝えたのは、アメリカのワシントンDCの路上で、対立する少女グループのケンカをダンスで仲裁した女性警官の話だ。

   通報を受け、駆けつけた警察官がケンカをやめるよう説得したが、聞き入られなかったという。少女のひとりのマリア(17歳)にいたっては、警官を挑発するかのように踊り出したという。

   森アナ「これに対して、女性警官が『ダンスで勝負よ』とダンスバトルを持ちかけたんです」

   アリアさんはこれに応じ、2人で踊ること約1分後。アリアは「マジですごかったわ」と納得し、対立していたグループも素直に解散した。アリアは地元紙に「あんなにクールな警官がいるなんて驚いた」と話しているという。

   踊り勝った警察官は「名乗るほどの者ではない」と氏名などは公開していない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中