ダンスバトルでケンカ仲裁!女性警官「勝負よ!」不良少女たちも納得の踊り

印刷

   「警察官がオドロキの方法でケンカを仲裁しました」と森圭介アナが伝えたのは、アメリカのワシントンDCの路上で、対立する少女グループのケンカをダンスで仲裁した女性警官の話だ。

   通報を受け、駆けつけた警察官がケンカをやめるよう説得したが、聞き入られなかったという。少女のひとりのマリア(17歳)にいたっては、警官を挑発するかのように踊り出したという。

   森アナ「これに対して、女性警官が『ダンスで勝負よ』とダンスバトルを持ちかけたんです」

   アリアさんはこれに応じ、2人で踊ること約1分後。アリアは「マジですごかったわ」と納得し、対立していたグループも素直に解散した。アリアは地元紙に「あんなにクールな警官がいるなんて驚いた」と話しているという。

   踊り勝った警察官は「名乗るほどの者ではない」と氏名などは公開していない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中