渋谷ハロウィーン騒ぎ!ケンカ、逮捕者、暴走バイク・・・DJポリスもお手上げの乱痴気

印刷

   ハロウィーンの31日(2015年年10月)、東京・渋谷はこれまで最多の人出となり、けんかやもみ合いから逮捕者も出た。もともとは親子が仮装して秋の収穫を祝うイギリスやアメリカのお祭りだが、日本では若者らが街に繰り出して騒ぐイベントになっている。渋谷にはお化けや怪物、ドラえもん、筋肉マンなどさまざまに仮装した若者が日本中から集まって来た。

目に余る悪乗り、無法、ゴミの山

   午後10時、スクランブル交差点は混雑のピーク。もう身動きできない。「押しちゃダメ」「ふざけちゃダメ」と中谷隆宏リポーターが叫ぶ。「女の子は押されて窒息しそうな状態でした」と男性が話す。地下鉄入口では将棋倒しが何度も起きた。

ちょっとねえ

   迷彩服姿の男がすごい剣幕で警察官にくってかかる。暴走車やバイクが走り抜け、DJポリスが声を張り上げる場面もあった。女子高生と若者がなぜかもみ合い、男の髪をつかんだ女子高生は警察官にとめられても興奮がおさまらない。それを若者たちが取り囲んで暴れる騒ぎに発展した。20代の男が警察官に殴りかかった疑いで逮捕された。

   司会の羽鳥慎一「イベント自体は楽しくてよいと思いますが」

   一夜あけると、街はゴミの山だ。東京都はゴミ袋30万枚を配布したが、「路上廃棄も目立ちました」(宇賀なつみキャスター)

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中