加護亜依「15歳の時、アイドルの彼氏ダンボール箱に隠してお持ち帰り」いまやぶっちゃけトーク売り物のただの28歳!?
<ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭>(テレビ東京系)

印刷

   同じ境遇の人達が集結し、普段めったに聞くことができない「ココだけの話」を語る番組に、この日出演したのは元モーニング娘。加護亜依、元年収1億円ホスト城咲仁、国民的AV女優夏目ナナ、過激ファッションの作家志茂田景樹の「最近テレビで見かけなくなった芸能人」たち4人だった。
   注目はやはり加護亜依。13歳でデビューすると、「知らない親戚がいっぱいできた」「おばあちゃんの車がベンツになった」と身内批判から始まり、「靴箱に入れていた靴の中にカッターナイフの刃を入れられた」「校舎の上からなにか落とされた」と、中学時代のイジメ体験を語っていた。
   MCの名倉潤に「人気絶頂の(15歳当時)彼氏はおったん?」と聞かれると、「ぶっちゃけ、いました」とあっさり認めた。「相手は2歳年上のアイドルグループ」「交際がバレないようにダンボールの中に彼氏を入れて自宅に運んだ」などなど。馴れ初めは「番組プロデューサーさんから、その人が加護ちゃんのこと好きでメールしたいんだってって言われて、じゃあいいですよって」ことになったとか。半年ほどのお付き合いで、「何もしていない」とは言うけどね。
   失うものがない女は強い。加護がこのままぶっちゃけトークを武器にただのお騒がせタレントになってしまったらどうしよう。28歳になったというが危う過ぎて心配だ。(放送2015年10月29日23時58分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中