また「矢ガモ」!先月保護された同じ池に2羽・・・同一犯か?同じ吹き矢

印刷

   兵庫県でふたたび体に矢が突き刺さった「矢ガモ」が見つかった。伊丹市の昆陽池では先月(2015年10月)に矢ガモが保護されたが、同じ池であらたに2羽のカモに矢が刺さっているのが発見された。1羽は胸、もう1羽は後頭部に刺さっている。

   矢は保護されたカモと同じ種類の吹き矢と見られ、警察は同一犯の可能性が高いと見て、鳥獣保護法違反の疑いで捜査している。

埼玉・入間のカモは無事保護・・・「矢」ではなく「らせん状ネジ」

   また、先月25日には埼玉・入間市の彩の森入間公園でも、頭に矢のようなものが刺さったカモが見つかっている。「スッキリ!!」はきのう4日(2015年11月)に行なわれた捕獲作戦を取材した。公園の職員がネットを発射すると、見事にカモにかぶさり保護に成功した。

   カモは動物病院で手当を受け、矢のようなものを抜いてみると、矢ではなくらせん状の「ネジ」だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中