「進撃の巨人」の諌山創「18巻のラフではありません ボツにした方ですが...」

印刷

   「進撃の巨人」を別冊少年マガジンで連載中の漫画家・諌山創(29)は11月5日(2015年)、12月に発売される単行本第18巻表紙の「ボツ」となった絵をブログで公開した。キャラクターを7~10人ほど立たせて並べたラフ画を掲載。「18巻のラフではありません ボツにした方ですが...こっちの方がいい構図だったかな」と少し名残惜しそうだ。

   しかし「大勢の立ち姿はなんか17巻とかぶるかなと思ってやめときました」と、採用しなかった理由も書き添えた。なお、発売中の17巻の表紙は、キャラクター7人が夕日をバックに並ぶ絵となっている。

   ボツにした絵を見たファンからは、「貴重なものが見られてうれしいですね!」「没になってしまったようですがいい構図だと思いますよ!」「ラフながらすでに完成したものとおんなじぐらいの迫力をもっているような気がします。とてもカッコいいです」といったコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中