2018年 7月 19日 (木)

ロシア「リオ五輪」出場禁止?ドーピング乱用でWADA勧告「エントリー受け付けるな」

印刷

   世界アンチ・ドーピング機関(WADA)はおととい9日(2015年11月)、ロシア陸連のドーピングを認定して資格停止を勧告した。これにたいして、ロシア側はきのう「大した違反ではない」「証拠がない」などと対決の構えだ。リオ五輪の出場がかかるだけに、国際オリンピック委(IOC)を舞台に大騒動になりそうである。

陸連、コーチ、選手、医師ぐるみ

   昨年末に欧州メディアがドーピング疑惑を報じたのを受けて、WADAは独立委員会で調査を進めてきた。9日に公表された報告書は、ロシア陸連がコーチ、医師、選手ぐるみで組織的にドーピングを行っていたという衝撃的なものだった。

   独立委は「想像よりもひどい。ソ連時代の習慣がまだ残っているようだ」とした。旧ソ連時代のソ連・東欧は、国が丸抱えの「ステートアマ」と呼ばれ、五輪やW杯のメダル獲得にドーピングを含めなりふりかまわなかった。

   今回の調査では、コーチを中心に選手にドーピングをさせていただけでなく、ドーピング検査を逃れるための不正も明らかになった。検体の差し替えや抜き打ち検査情報を取るための買収、さらにはロシアの検査機関は意図的に1417の血液検体を破棄していた。

   WADAはIOCと国際陸連に対して、ロシアがWADAの規定に従わない限り、ロシア陸連からの選手のエントリーを受け入れないようにと勧告した。勧告が受け入れられれば、ロシアの陸上選手はリオ五輪はじめ国際競技に一切出場できなくなる。

   さらに、違反に関わったコーチ4人、医師1人、選手5人を陸上界から永久追放すべきだとも勧告した。この中には、ロンドン五輪の800メートル金メダルのマリア・サビノワ、銅メダルのエカテリーナ・ポイストゴワも含まれていた。

もみ消しでワイロ?フランス警察、国際陸連前会長を捜査

   ロシアの機関はドーピング問題の存在を認めたものの、「大した違反ではない」「ドーピングはロシアだけではない」と反発し、大統領報道官も「証拠が発表されていない。根拠がない」と反論した。

   スポーツジャーナリストの玉木正之氏は「厳しいけど、ある意味ではかわいそうでもありますね。コーチや組織から自分たちが生活していくために命令された。選手は犠牲者でもあるということです」という。

   IOCは9日、国際陸連のラミン・ディアク前会長(セネガル)の名誉委員資格を一時停止すると発表した。ロシア選手のドーピング疑惑をもみ消して賄賂を受け取ったとして、フランス当局の捜査を受けていると伝えられているからだ。話がロシアに留まらなくなる可能性もある。

   藤森祥平アナが不正の一部を図解で説明した。これによると、ロシアの検査機関に選手が金銭を払ってドーピングの仕方を教えてもらったり、抜き打ち検査の日程を事前に知らせることがあったという。「検査機関が関わっているということで、背景にはロシアが国家として圧力をかけているという見方もあると報告書には書かれています」

   龍崎孝(TBS解説委員)「ロシアという国の成り立ちとも関わりますね。ソ連が解体して独立国に分かれ人材が手薄になったが、大国意識だけはある。そこで、国をあげてこういうことがおこなわれた疑いがあります」

   藤森「選手も生活のため、生きるためにドーピングを必要としているのではないかと、報告書はいっています」

   いや凄まじい。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中