高木復興相「香典は自分が持ってった。違法性ない」!遺族「本人来てない」

印刷

   きのう10日(2015年11月)に行われた衆院予算委の閉会中審査で、高木毅・復興相の政治団体の政治資金収支報告書に、選挙区内での香典の支出が記載されていた問題が追及された。高木大臣は「違法性はない」と繰り返したが、選挙区で出てきた話と大きく食い違っている。

公選法では本人の持参以外禁止

   高木大臣が30年前に下着泥棒で検挙されたという「週刊新潮」と「週刊文春」の記事については「事実無根だ」と否定し、「香典問題」も「自分で持っていった」の一点張りだった。野党は臨時国会の召集を求め、高木大臣の証人喚問する方向だ。

またです・・・

   公選法では選挙区内の寄付は禁止されているが、結婚の祝儀と葬儀の香典は例外として認められている。ただし、香典は本人が葬儀の日までに直接渡すという条件がある。高木大臣が支部長を務める自民党支部(福井)が2012~13年に支出した香典は8件あり、柚木道義議員(民主党)は遺族に聞くと「本人ではなく代理の人だった」など、少なくとも3件に関しては公選法違反の可能性があるとただした。

   高木大臣は「8件いずれも葬儀までに弔問に行き、私費で香典を出した」と反論したが、公選法で禁じられている枕花(供花)代が支出されていたことは「指摘を受けて初めて知った」と事実関係を認めた。後援会関係者がやったことで、「今後注意する」という。

   JNNの取材では、12年暮れの葬儀で大臣の息子が香典を持ってきたという証言や「高木氏は葬儀の後にきた」という話もあった。その通りなら違反だ。枕花についても岩井奉信・日大教授は「法律上は、後援会がやっても本人がやったと認められ、アウトだと言わざるを得ない」という。

たった2日の閉会中審査で逃げ切り

   司会の夏目三久「内閣改造後、初の論戦でしたが、他に話すべきことがあったのではないでしょうか」

   水曜レギュラーの博多華丸「本業の復興がいちばん大事なので、こんなことしてる間にもと思ったりもしました」

   TBSは高木問題を幕引きにしたいのか? 毎日新聞の永山悦子記者は「審査はきのうときょうの2日だけ。本来は臨時国会を開いて、TPPとか一億総活躍とか重要議題はいっぱいある」という。

   夏目「閣僚の問題いろいろありますね」

   龍崎孝(TBS解説委員)が4人の大臣の顔を並べた。高木大臣のほかに、島尻安伊子・沖縄・北方担当相は「名前・顔入りカレンダーを配布」、守山裕・農水相は「談合で指名停止を受けた業者からの献金」、馳浩・文科相は「補助金を受けていた企業からの献金」とある。「返金するなどで、いずれも法的には問題ないということになってますが、公選法とか政治資金規正法という、議員であれば絶対に守らなければならないものに関わっています。閣僚以前に、議員としてどうなのかが問われています」

   夏目「人が変わるたびにこうした問題が起こりますね」

   龍崎「内閣改造のたびに出てくる。もし、この程度ならと考えていたとすれば、国民をバカにした話です」

   つけるクスリはありません。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中