CGじゃないよ!あっと驚く編隊飛行「ジェット人間と世界最大旅客機」

印刷

   背中にジェットエンジンを背負って空を飛ぶ「ジェットマン」として知られるフランス人、イブ・ロッシーさんの雄姿は、動画サイトのYouTube(ユーチューブ)でも人気だが、今度はアッと驚く映像で大きな話題となっている。

   ロッシーさんが背中に背負うのは、エンジンを装着した専用設計の「翼」だ。最大6キロほどの重さで、時速数キロのスピードが出るという。この「世界最小」のジェット(人間)機が、ドバイ上空で世界最大級の旅客機と呼ばれるエアバスA380と編隊飛行を行ったのだ。A380のすぐ脇を人間が飛ぶという映像は、映画以外では滅多にお目にかかれないだろう。

ジェット背負って富士山上空も飛行

   この企画は「現代の航空技術の到達点を示す」ために、エミレーツ航空の協力を得て実現したそうで、大きな危険を伴うだけに、綿密な計画、シミュレーションが行われた。

   視聴者からは「危険すぎるが、魅力的な映像だ」「(ゲームの)GTAだと思ったら、現実の話だった」「人間が空を飛べないなんて誰が言ったんだ?」といった反応が寄せられている。

   ロッシーさんは過去にも、アメリカのグランドキャニオンやスイスアルプス、富士山上空https://www.youtube.com/watch?v=fnnOxRK_gc4など、世界のさまざまな場所でジェットパックによる飛行を行っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中