地味ですが・・・「切り干し大根」大変な実力者だった!鉄分、食物繊維、カリウムたっぷり

印刷

   見るからに地味で、調理の仕方も知らない若い世帯が増えている「切り干し大根」は、あのしなびた風体からは想像できないほどの高栄養食品なのだ。西堀裕美アナは「たったの15グラムを摂るだけで、食物繊維はレタスの1玉分、カリウムはバナナの1・3本分、鉄分はプルーンの15個分の栄養素が入っているんです」と伝える。

水で戻すな!

   切り干し大根は普通は水に戻して使うが、水で戻すと鉄分は2割、カリウムも6割、糖質も6割、旨味成分(グルタミン酸)は98%消失します」(西堀アナ)

   日本一の生産地・宮崎県国富町では水で戻さずそのまま使う。

   渡邊征子さんは切り干し大根をサッと水洗いして水気を取ったら、150度の低温の油で揚げる。「焦げ付きやすいのでかきまわしながら3分。色が付いたら塩、胡椒をすればでき上がりです」

   西堀アナ「生の大根とも、切り干し大根とも違う味です。噛めば噛むほど甘味が出て来ます」

   切り干し大根は戸棚に放っておくと茶色く変色する。食べても大丈夫なのか。御茶ノ水大学の森光康次郎教授は「大根の糖質が酵素で分解をして茶色の成分が出ただけです。品質が悪くなったわけではありません。むしろ、味は濃厚で甘く、コクも加わります」

   茶色くなるのが嫌なら冷凍庫で保管する。半年は色白いままだ。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中