和田アキ子ついに『男』になった!髪七三に分け黒縁メガネでスーツ姿

印刷

   歌手の和田アキ子がフジテレビ系「世にも奇妙な物語25周年記念!秋の2週連続スペシャル」の21日(2015年11月)放送で男性を演じている。「台本を見たら、『男―和田アキ子』って書いてあるんですよ、もう死ぬほど笑いました」と和田もやる気満々だったという。

   物語は1992年に放送された「ハイ・ヌーン」のリメイクで、食堂に入ってきた風采の上がらない男が、親子丼、かつ丼、たまご丼と次々に平らげ、噂を聞いた街の人たちが店に集まってきて、驚嘆するというものだ。

   和田は髪を七三に分け、黒縁メガネをかけて、スーツ姿で出演している。どこから見てもサラリーマンだ。撮影中に理髪店にトイレを借りに行ったら「男だと思われたわよ」と笑う。放送はよる9時から。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中