映画「007スペクター」爆破シーンギネス入り!8414リットルのガソリンと33キロの爆薬

印刷

   来月4日(2015年12月)に公開される「007スペクター」のクライマックスの場面では、ジェームズ・ボンドとボンド・ガールの目の前にそびえ立っていた巨大な建築物が爆発、炎上する。

CGじゃないよ

   この撮影のために8418リットルの燃料と33キロの爆薬が用意され、映画史上、最大の爆破シーンとしてギネス世界記録に認定されたそうだという。撮影は今年6月にモロッコのオープンセットで行われた。

   司会の加藤浩次「ほんとにわれわれの習性になっちゃってるのが、映画館でこれ見たら、CGだろうと絶対思っちゃう。メイキング見てるから、本当の爆発だと思う。逆転現象になってるんですよね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中