『民主党』解党?分裂?前原元代表「年内にも維新と合併して新党作り」

印刷

   維新の党の分裂で野党再編の核となるはずの民主党が揺れている。もともと「解党して維新と新党を結成」という前原誠司・元代表と「選挙協力を軸とした連携」をいう岡田克也代表と考え方の違いはあったが、前原氏がおととい12日(2015年11月)に、維新の党の江田憲司前代表と会談したことで亀裂はさらに深まった

岡田代表「看板の掛け替えではダメだ」

   前原氏はきのう夜、「解党的出直し。新たな旗の下に集めて大きなものを作っていく」と話して、「解党」を鮮明にした。前原氏と江田氏の会談には細野豪志政調会長も同席し、民主党は解党すべしという認識で一致したとされる。

どうなるんです?

   これを受けて、維新の松野頼久・代表も「非常にいいことですよね。できれば年内に両党、他党まで含めて一つの旗の下に集まる形が好ましいとずっといい続けてきました」と語った。

   岡田代表は「本質が変わらなければダメだ。看板の掛け替えではダメだということ」と解党を否定し、民主党の幹部からも「解党という言葉が妙なさざ波を起こすような気がしますけど」(野田佳彦元首相)、「解党なんていってるのはどこかの血迷った人たちの話だろう」(北澤俊美元防衛相)という声が出ている。

共産党との選挙協力めぐって思惑

   司会の夏目三久「解党はどうなんですか」

   龍崎孝(TBS解説委員)は解党はかなりむずかしいとみる。「連合という巨大な労働組合がありますから、議員の思惑だけでできるものではありません。ただ、こうした話が出てきたのは、民主党のままでは展望が開けないこと。共産党との選挙協力への違和感も背景にあります」

   政党助成金は年初の議席数に応じて出るから、年内には結論を出す必要がある。「解党ができなければ、一部議員が離党する可能性もある」という。

   それだと分裂と分裂がくっ付いて野党はもっと細かくなっちゃうんじゃないのかな。来年の参院選で勝てるかどうかも含めて、みんな少しは頭を使うことになるか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中