<てくてく歩いてチャリンチャリン>(テレビ東京系)
矢口真里「私ってしんどそうに見られないんだよね」1歩1円で東京→福岡「お気楽道中」

印刷

   不倫騒動ですっかり引きこもりになってしまった矢口真里の「人の目が怖い」というトラウマを克服するため、1歩1円のギャラで東京から福岡まで旅をする。頭に歩数が表示されるヘルメットをかぶって、ハプニングに見舞われながら、今の心境や引きこもりのどんな話をするのかと期待させて番組は始まる。

歩くはずがイケメン見つけてちゃっかりヒッチハイク

   まずは東京から新横浜へ向かう。「ちょっと前まで高級マンションに住んでいたけど、今は1K。でもそれはそれで楽しい」と語りながら歩く。出費を気にして、すき家で昼食を購入して食べた。この調子で地道に頑張るのかと見ていると、武蔵小山の商店街まで来ると一転。親切でイケメンのバイク屋のお兄ちゃんと出会う。「新横浜までは遠いから、車で送ってあげるよ」と、あっさりヒッチハイクに成功する。なんだヒッチハイクもありかと少し拍子抜けしてしまう。

   1日目は6980円のビジネスホテルに宿泊し、1000円で飲み放題の居酒屋で飲み明かす。酔いがすすんだ彼女は「私、しんどそうに見られないんだよね」とポロリ。たしかに、見ていてまったく「大変そう」と共感できない。

   2日目は歩いて稼いだお金で新幹線に乗り、新神戸で姫路城を見物しようとしたが、「人が多いから嫌だあ。迷惑かかっちゃう」とあきらめる。でも、本人がが気にするほどギャラリーは矢口のことなど見ていない様子であった。この日も順調に歩数を稼ぎ、ビジネスホテルに宿泊した。

芸能界への執着は凄い!これで好感度上がるかなあ?

   最終日3日目は山口県から関門トンネルを歩いて福岡に上陸。ここでも軽自動車に乗った女性に出会い「わあ可愛い。オーラがある」と、またもヒッチハイクだ。結局、計7万歩7万円を歩き、モーニング娘。時代からの友人・中澤裕子の待つゴール博多へ到着した。中澤の息子に可愛いムートンブーツをプレゼントして企画は終了である。

   ナレーションのゆるキャラ、ネバール君も終始テンションは低いままで、これでは矢口の好感度は上がらない気がする。彼女の芸能界に対する執着心の強さだけはわかった。(放送11月9日深夜11時58分)

PEKO

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中