「侍ジャパン」視聴率も絶好調!きのうベネズエラ戦とうとう大台乗せの20.0%

印刷

   野球の国際大会「世界野球プレミア12」の日本代表「侍ジャパン」対ベネズエラ代表戦が11月15日(2015年)よる7時からTBS系で中継放送され、平均視聴率20.0%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)し、今大会の日本戦で最も高くなった。瞬間最高視聴率は日本がサヨナラ勝ちを決めた場面で、35.2%に達した。

   6チームで争う予選ラウンド最終戦(第5戦)となったベネズエラ戦は、日本の5連勝がかかっていた。1回に先制された日本は8回裏に逆転したが、9回表に再逆転を許した。しかし、その裏、中村晃がサヨナラ打を放ち、6対5で勝利を収めるという展開となった。

   これまでの日本代表戦の平均視聴率は、韓国戦19.0%(8日、テレビ朝日系)、メキシコ戦16.4%(11日、テレビ朝日系)、ドミニカ共和国戦15.4%(12日、TBS系)、アメリカ戦18.2%(14日、テレビ朝日系)だった。今夜16日の準々決勝「日本対プエルトリコ」はTBS系が中継する。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中