パリ同時多発テロ「シリアで計画、ベルギーで組織、フランスで実行」

印刷

   パリ同時多発テロの犯人解明が、フランス、ベルギー、ギリシャなどの連携で急速に進んでいる。首謀者、実行犯もほぼ特定され、逃走中の1人の指名手配のほか、フランスだけでも168か所を捜索して23人を拘束した。

   フランスのオランド大統領はきのう16日(2015年11月)、ベルサイユ宮殿に上下両院議員を集めて演説し、「テロはシリアで計画され、ベルギーで組織され、フランスで実行された」と断定した。カズヌーブ内相も「ベルギーの集団による犯行で、フランス国内の共犯者の存在も明らかになった」と述べた。

フランス首相「数日から数週間の間に新たなテロ」

   死んだ実行犯7人のうち5人が特定された。手配されているサラ・アブデスラム容疑者(26)はベルギー在住のフランス国籍で、兄も実行犯のひとりで死亡した。ベルギーで拘束されていた弟は容疑が薄いとして16日に釈放された。

   このベルギー人脈から現在はシリアにいるベルギー人、アブデルハミド・アバウド容疑者(27)が浮かび、首謀者とされた。かつてベルギーで計画したテロに失敗してシリアに渡ったといわれる。

   こうした素早い状況把握は、各国当局がテロリスト情報を共有しているからだ。実行犯の1人について、難民としてヨーロッパに入ったという情報がギリシャ政府から寄せられていた。

   フランス空軍は15日夜、ISの拠点のシリア・ラッカを猛爆した。オランド大統領のいう「仕掛けられた戦争」を受けて立つかまえだ。これに対し、ISは16日にネットに新たな動画を載せ、「不信心者を攻撃せよ」「米国のワシントンを攻撃する」などいう。バルス首相も「数日から数週間の間に新たなテロの可能性がある」と警戒を呼び掛けた。

ベルギーに大きなイスラムコミュニティー

   ISのアジ動画について、放送大学の高橋和夫教授は「テロは黙っていて、いきなりやるものです。アメリカでやるだけの力があるかどうか。ただ、ロシアについては言及していないんですね」という。

   火曜レギュラーの沢松奈生子(元テニスプレーヤー)「市民が普段通りの生活をすることがテロに対する意志の表れといいますが、実際は怖いですよね。首相の発言は不安をあおる」

   高橋「わかっているけど、言わざるを得ないほど危険を感じているということでしょう」

   藤森祥平アナ「ベルギーとフランスの国境には検問所もないとか」

   高橋「ベルギーが黒幕的な役割をはたしているんです」

   藤森「潜みやすいということですか」

   高橋「イスラムの大きなコミュニティーがあります。シリアのISに多数を送り出していて、帰った者も多いです」

   ヨーロッパが試されている。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中