2018年 7月 22日 (日)

迷惑「歩きスマホ」罰金とれ!アメリカやニュージーランドではすでに導入

印刷

   迷惑このうえない歩きスマホは、日本だけでなく世界中で問題視されていると、プレゼンターの荘口彰久が「真相チェイス!直撃御免』コーナーで報告した。

   韓国では駐車中の車の陰から歩きスマホの男が路上に歩き出し、車にはねられる様子を車載カメラが捉えた。米国では駅のホームを歩きながら携帯電話使っていてホームから転落していた。

「撲滅キャンペーン」JR駅のトイレットペーパーに「やめましょう」

   歩きスマホに対するJR東日本への苦情は、2012年度には100件を超えた。10月30日(2015年)には、東京・町田駅で歩きスマホの男と肩がぶつかり口論となり、線路に突き落として殺人未遂の疑いで逮捕された。

罰金!

   JR東日本と携帯大手3社は共同で歩きスマホ撲滅キャンペーンを打ち出した。駅のあちこちに「やめましょう、歩きスマホ」というポスターを張り、トイレのトイレットペーパーにも印刷した。

罰金5000円~1万円

   歩きながらスマホで何を見ているのか。荘口が都内で100人に聞いてみると、最も多かったのが「LINEやメール」で41人、「地図アプリ」28人、「ネット検索やゲーム」6人だった。

   司会の小倉智昭「歩きスマホに罰金でもとればいい。税収不足だし。スマホは止まってやるというルールを作りましょうよ」

   アメリカの一部の州やニュージーランドでは5000円から1万円の罰金を徴収しているという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中