首都高で無人トラック走行・炎上!ビニール巻き込み発火?運転手あわてて避難

印刷

   きのう17日(2015年)午前4時ごろ、神奈川・横浜市の首都高横羽線上りで、緊急停止した2トントラックが運転手を下ろしたまま動き出し全焼した。荷台やタイヤ、車体が燃え上がり、爆発も数回あったが、原因はビニールだった。

   トラックは炎上前、現場から7.5キロメートルほど離れた保土ヶ谷バイパスを走行時に、路上に散乱していたビニールを踏んづけていたという。ビニールは幅20センチ、長さ5~6メートルほどのシート状だった。

   運転手が停車して確認すると、車体にビニールが絡まっており、それを取り除いて発車したが、10分後に異音がし、高速道路の路肩にトラックを停めて確認したところ、トラックの下から火が出ていたという。運転手が慌てて避難すると、トラックは無人のまま下り坂を走り始め、中央分離帯に衝突して炎に包まれた。

溶けてタイヤや燃料に燃え移り

J

   AF東京支部の根岸幸雄さんは「車体の下のマフラー部分は熱くなるので、ここにビニールとか燃えるものがひっかかると熔けたり燃えたりしやすいです。タイヤやプラスティック、燃料が燃えて、最終的には車全体が燃えてしまう」と話す。

   森圭介アナ「(ビニールを)取り除いたと思ったが、残っていたということなんでしょうね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中