2019年 6月 19日 (水)

チャーリー・シーン「HIV感染わかってからも女性と寝た」数億円の示談金

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   ベトナム戦争の泥沼化を描いた「プラトーン」や「メジャーリーグ」の主演俳優チャーリー・シーン(50)が17日(2015年11月)、NBCテレビのインタビュー番組に生出演し、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染していると明かした。

   4年前に感染した後も、女好きのチャーリーは複数の女性と性関係があったと告白した。

映画関係者はパニック

   テレビ生出演の発端は今月初めにハリウッドに流れた噂だった。「世界的に有名な映画スターが、HIVに感染しながら性交渉を繰り返していたため映画関係者がパニックに陥っている」というものだった。それがチャーリーだと伝えられ、「関係を持った女性たちから訴えられようとしている」と報じられた。

薬ない

   チャーリーは「いろいろな検査を行った結果、感染していると言われた」という。「たくさんの噂があるの知っているか」と聞かれ、「もちろん。真実を話してとめどない攻撃を止めなければならない。たくさんの人たちの健康を脅かしているという作り話はあり得ないよ。始まりは4年ぐらい前だった。頭痛が続いたり、寝汗をかいてビショ濡れになったのが3日間続いて入院した。HIVの3文字を受け入れるのは辛かった。人生のターニングポイントだった」と語った。

   感染したのは2番目の妻デニス・リチャーズと離婚した後らしい。その後、ブルック・ミューラーと結婚、離婚を繰り返し、昨年は元ポルノ女優と婚約したものの、結婚直前に破局を迎えている。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中