2018年 9月 22日 (土)

「競馬詐欺」必ず当たります!万馬券的中証明書でっち上げ「もっと稼ぎませんか」

印刷

   詐欺商法は次から次に出てくるが、馬券を悪用した詐欺で、東京の会社役員、浦崎庄平容疑者(37)ら4人がおととい16日(2015年11月)に逮捕された。今年9月ごろ、千葉県内の男性(61)に「競馬で儲かる」などとウソを言って、数回にわたり64万円をだまし取った疑いだ。被害総額は約90人から約2000万円に上るとみられている。

カネ預けた途端に連絡取れず

   詐欺グループにはタイムカードや売り上げ成績表、ノルマ、ボーナスもあり、一見きちんとした会社に見えた。ICチップ入りの社員証もつくり、肩書には社員番号と「営業部部長 馬券投資アドバイザー」などと書いてある。

気を付けて!

   司会の羽鳥慎一「ちゃんとした方向にいけば、ちゃんとした会社になれるのに」

   菅野朋子(弁護士)「集団の詐欺は組織がしっかりしていないと難しいんです。詐欺はもともと知能犯ですから。頭が良くなくてはダメです」

   野上慎平アナが手口を説明する。まず、ダイレクトメールの往復はがきが届く。ハワイ旅行とかエコカードとかが「当たります」とある。返送すると、電話がかかってきて、「4万円預ければ、競馬で稼ぎますよ」などと儲け話を持ち掛けてくる。後日、「当たりました」と「万馬券的中証明書」が送られてきて、「本当に当たった」と喜ぶと、「もっとお金を預けませんか」とさらに金を振り込ませる。しかし、ある一定の期間が過ぎると、電話がパタリとつながらなくなってしまうのだ。

レース前なのに「必ず的中させます」

   もうひとつに、「レース前なのに必ず的中させられる」という手口もある。大勢の人にそれぞれ違う予想をさせる。すると誰か1人は当たる。当たった人は「どうです。当たったでしょう。有料会員になりませんか」とターゲットにされてしまうのである。ハズレになった人には連絡はない。

   羽鳥「本当に是非、気をつけてください」

   野上「本当に、本当に是非、気をつけてください」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中