旅客機の操縦席にレーザー照射!大阪・伊丹空港に着陸直前の全日空機

印刷

   大阪・伊丹空港で10月17日(2015年)午後6時50分ごろ、乗客・乗員107人を乗せた着陸寸前の旅客機操縦席の窓に何者かがレーザー光線を照射する事件があった。幸いレーザー光線はパイロットの目には入らず無事に着陸できたが、目に入れば失明し大惨事を招く恐れもあった。

各空港で頻発!確認されただけでも150件

   照射を受けたのは松山発の全日空1648便で、上空300メートル付近を下降中にパイロットが操縦席の窓にレーザー光線が照射されているのに気付いた。この50分後には、別の旅客機にもレーザー光線に照射され、伊丹空港周辺では10月以降にレーザー光線による照射が何度か確認されている。

小倉:そんなに!?

   レーザー光線は出力が高いものは8~10キロ先まで届き、目に直接あたると視力の低下や失明する恐れがある。大阪府警は故意に旅客機を狙って照射しているとみて威力業務妨害の疑いで捜査を進めている。

   国土交通省によると、ここ5年間で旅客機に対するレーザー光線の照射は150件もあったという。司会の小倉智昭が「エッ、そんなにあるの」と驚いていたが、一刻も早く検挙することだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中